1. ホーム
  2. キャリア別現金化
  3. ≫即日!ソフトバンクまとめて支払いで現金化する方法

即日!ソフトバンクまとめて支払いで現金化する方法

現金を持ち歩かなくても商品やサービスを購入できるのがキャリア決済の大きな魅力ですが、キャリア決済に対応していないサービスもたくさんあります。また、利用した金額は携帯料金と一緒に支払いをすることになりますので、翌月の携帯料金が高額になってしまうこともあります。クレジットカードのような機能を備えていますので、利用方法は十分注意しなくてはなりません。

キャリア決済枠は契約者ごとに金額設定が異なり、多い人では10万円近い限度額が設定されていることもあります。しかし全額携帯料金と一緒に支払いが必要になり、お金が足りないからと言ってクレジットカードのようにリボ払いにすることはできません。

支払いができなくなればキャリア決済枠が縮小されるだけでなく、滞納金が加算されたり、一時的に回線が中断されてしまうこともあります。キャリア決済枠はいくつかのサービスを利用することによって、現金化することもできます。もし現金化する場合は、限度額のすべてを換金するのではなく、必要な分だけに留めておきましょう。

スマホでもガラケーでも利用できるソフトバンク決済枠

キャリア決済枠は端末に依存しませんので、契約している機種がスマホでもガラケーでも同じ金額が設定されます。スマホの場合はアプリの購入にも利用することができるため、ガラケーと比較すると使用頻度も高くなる傾向があります。アプリではアプリ内課金もありますが、そうしたものもキャリア決済を利用することが可能です。特に小さな子供に携帯を持たせている場合は、キャリア決済枠の制限をしておいたり、利用できる場所を制限しておく必要があります。

携帯料金と一緒に支払いが来て、高額請求に驚く、と言ったことも珍しい話ではありません。利便性が高い分、管理することが必要なのです。ソフトバンクとauはキャリア決済枠の最大限度額は10万円となっています。

スマホやガラケー向けのサービスだけでなく、楽天やYahooなどのショッピングでも利用することができます。また、映画のチケットの購入などにも利用することができます。現金化するときにこうしたチケットを購入するのもよいのですが、基本的に期限のついているチケットは買取率が非常に小さくなってしまいますので、換金するメリットはあまりありません。そこで利用頻度が高く期限も長く設定されているアマゾンギフト券の出番です。アマゾンギフト券は1年という期限が設定されていますが、すぐに売却するのであれば、この期限は大きな影響を与えません。

長い間貯めこんでいて期限間近に売る場合は、残りの期間によっては買取率が下がってしまうこともあります。もし現金化する目的で購入するのであれば、なるべく早くに売却する手続きを行いましょう。アマゾンギフト券はコンビニでも販売しているところを見かけますが、コンビニでの購入でキャリア決済を利用することはできません。キャリア決済枠を利用して購入する場合は「PINCOM」というサイトを利用します。携帯料金と一緒に支払いが来ることになりますので、くれぐれも利用のしすぎには注意しましょう。

ソフトバンクはPINCOMが使えません

以前はソフトバンクの携帯でもPINCOMを利用することができたのですが、不正利用をしている人がいると報告があり、PINCOMではソフトバンクのキャリア決済を利用することができなくなってしまいました。ソフトバンクは独自に自社のサイトでアマゾンギフト券を販売する準備を進めていますが、1年近く経っても正式にサービスが開始されません。ソフトバンクの携帯でそのままキャリア決済を利用する方法は、他の会社と比較するとあまりないということを覚えておきましょう。

しかし別の方法を利用すればPINCOMでアマゾンギフト券を購入することができます。それがソフトバンクカードの利用です。ソフトバンクカードとは、チャージすることで商品などを購入することができるプリペイドカードです。カードにはクレジットカードの番号が付いていますので、PINCOMはもちろんのこと、他のネットショッピングでも決済に利用することができます。ソフトバンクカードは端末と紐づける必要があり、この手続きはソフトバンクショップで行うことができます。カードの発行は即日で行えますので、必要なときに入手しておくとよいでしょう。

発行手数料はかかりません。ソフトバンクカードへのチャージは、マイソフトバンクから簡単に行うことができます。キャリア決済枠を自由にソフトバンクカードに移動することができます。
ソフトバンクカードを利用するもう1つのメリットがTポイントの存在です。ソフトバンクカードでは利用金額の0.5%がTポイントとして付与されます。

キャリア決済枠でそのままアマゾンギフト券を購入した場合には、Tポイントは携帯料金と一緒に支払いする金額分のみ付きます。一度ソフトバンクカードを経由することによって、0.5%余分にポイント還元を得ることができるのです。アマゾンギフト券を売却すると必ず支払った金額よりも少なくなりますので、損失分の一部穴埋めをすることができるでしょう。

ソフトバンクはPINCOMが使えません

スマホでもガラケーでもマイソフトバンクを利用することができますが、可能であればパソコンで手続きを行ったほうが早いでしょう。特にガラケーでは読み込みにも時間がかかりますし、その後業者にアマゾンギフト券を販売するときの手続きも面倒なことがあります。

アマゾンギフト券を売却できる業者はたくさんあり、買取率は各業者異なっています。アマゾンギフト券は需要と供給によって買取率が変化しますので、必ず売却前に買取率を確認しておきましょう。買い取り業者のサイトでは最大95%となっていても、さまざまな手数料が引かれたり相場が違っていたりすると、80%近くまで下がってしまうことがあります。また、一般的にまとめて売却したほうが買取率は高くなり、少額の利用では買取率は低くなります。業者の中には95%以上の買取率を掲示しているところもありますが、そうした業者の多くは悪徳業者であることが報告されています。高額買取は魅力に思うかもしれませんが、そのような高額な買取をしていると業者は利益を出すことができず、運営はできないためです。

それでも高額な買取率を掲示している場合はもともとその金額で買い取るつもりがないのです。買い取り業者は85%程度から95%のものを探すとよいでしょう。特に新規顧客の場合は買取率がアップするところもあります。一度しか利用することができませんが、頻繁に利用するわけでないのであれば、そうしたキャンペーンを行っている業者を選ぶのも、高価買取をしてもらうための方法の1つです。

買取を実施してもらうためには、運転免許証、保険証、パスポートなどの身分証明書が必要になります。身分証明書は大切な個人情報ですので、悪徳業者でないかどうかを見極めることが大切です。もし悪徳業者に個人情報を渡してしまったら、それはあとあと面倒なことになりかねません。悪徳業者でないかどうか見極める方法が、たくさんの口コミと検証サイトです。

さまざまなギフト券購入業者

ギフト券を購入している業者はアマゾンギフト券以外にもさまざまなものを買取してくれます。例えばiTuneカードやGooglePlayカード。スマホのサービスの購入に利用することができます。しかし利用者数から考えるとアマゾンギフト券ほど利便性が高くありません。iTuneカードを必要とする人はiPhoneなどのアップル製品を利用している人だけですし、GooglePlayカードもAndroid端末を持っている人だけです。

アマゾンギフト券以外で高価買取をしているものと言えば、クレジットカード会社が発行しているギフトカードです。アマゾンギフトカードよりも利用頻度が高く人気もあるため、一般の金券ショップでも97%近い買取率となっています。アマゾンギフト券(E-mailタイプ)は一般の金券ショップでの買取は行っていませんので、必ずネット上の買取ショップを利用することになります。ネット上の買取ショップには24時間営業をしており、かつ指定した金融機関であれば24時間振込に対応しているところも多くあります。銀行営業時間外でも振込がすぐに完了するのは、業者側で同じ金融機関の口座を持っているためです。

将来的には別の金融機関でも24時間振込に対応するよう、全銀ネットがバージョンアップされる予定ですが、金融機関によって対応が異なりますので、すぐにすべての銀行が即日で着金するのはまだ少し先のことでしょう。即日で買い取ってもらうのであれば、あらかじめ楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行などのネット系銀行の預金口座を持っておく必要があります。また、手続きを開始する時間が15時前であれば、当日中の振込に間に合う場合があります。15時が近くなってくると、翌日振込になってしまうこともありますので、なるべく午前中には手続きを開始し、身分証明書の提示を行った上で買取をしてもらいましょう。

ソフトバンクまとめて支払いで賢く現金化する方法

アマゾンギフト券は簡単にキャリア決済枠やクレジットカードで購入できるため、現金化の方法として多くの人に利用されています。しかし実際にはアマゾンギフト券の転売はギフト券の規約で禁止されています。堂々と行うことができる行為ではないということを覚えておき、どうしても必要な時のみ利用するようにしましょう。

買取率が低くなってしまう点も注意が必要です。10000円のキャリア決済枠を利用して8000円を手にした場合、携帯料金と一緒に支払いをしなくてはならない金額が10000円プラスされ、差し引き2000円の手数料がかかっていることになりこれは年利で換算するととんでもなく高い金利と同じです。

ます。もしカードローンの契約ができたり、質屋を利用することができるような商品を持っているのであれば、キャリア決済枠の現金化よりも先にそちらにチャレンジしたほうがよいでしょう。特にカードローンは年利でも最大20%で、10万円以上の契約であれば18%が上限金利となります。コストだけで考えても断然に得なので、キャリア決済枠の利用は最終手段です。