1. ホーム
  2. キャリア決済現金化基礎知識
  3. ≫格安スマホでキャリア決済現金化は可能?

格安スマホでキャリア決済現金化は可能?

携帯3台キャリアの「ドコモ」「AU」「ソフトバンク」は問題なくキャリア決済現金化は出来ますが、最近は流行りの格安スマホでキャリア決済できるのでしょうか?調査してみました。

格安スマホでキャリア決済現金化はホントに可能?

結論から言うと、最近は格安スマホもキャリア決済が可能です。格安スマホはだいたいは大手キャリアのいずれかの回線を借りています。格安スマホのメリットというのは格安というように安いことにメリットがあります。回線の質としては、大手キャリアに回線を借りている立場なので、回線の質は大手キャリアよりも落ちます。特に回線が混雑すれば、先に格安スマホの回線が制限される仕組みになっています。なので、どうしても回線速度を落としたくないという人の場合は大手キャリアを利用した方が良いでしょう。

しかし、普通にインターネットサーフィンするくらいであれば、それほど回線速度に差はないので、どちらでも良いでしょう。どちらでも良いというよりは、安い分格安スマホの方が良いです。そして、動画を再生したりするのであれば、大手キャリアのスマホの方が回線速度が速いのですが、どっちにしてもしばらく再生していれば速度制限に掛かります。要するに、大手キャリアのスマホは普通にネットサーフィンするのであれば、格安スマホと大差ないですし、そして動画再生は格安スマホよりも安定するのですが、動画再生を携帯回線でやっているとどうせ速度制限に掛かるということになります。

なので、結果的に格安スマホで良いでしょう。キャリア決済もできるということで、ますます格安スマホで十分と言えるでしょう。そして、格安スマホでも大手キャリアのスマホでも、ポケットwifiなどを利用すれば結果は同じになります。ならば料金が圧倒的に安い格安スマホの方がお得でしょう。なのですが、携帯キャリアに依存したメールアドレスを持ってる人が多く、そのせいで携帯キャリアを変えられないという人が多いでしょう。特に仕事で使っていたりするとキャリア変更で支障が出ますし、問題になります。

格安スマホにするなら早めが良い

大手キャリアの携帯から格安スマホに変更したいという人が多いでしょうが、アドレスの問題がもっともネックになるので、仕事でアドレスを多用する必要が出る前に変えた方が良いということです。すでにキャリアに依存するアドレスをフル活用してしまっている場合はなかなか面倒です。フリーのアドレスなどの利用の方が今は良いでしょう。もちろんフリーのアドレスの利用が厳しい場面もありますが、今後はより自由になっていくでしょう。とりあえずキャリアに依存するアドレスの利用はあまりしない方がキャリア変更しやすくなります。

特にキャリアのアドレスを名刺に入れてしまっているという場合にはキャリア変更はかなり面倒でしょう。無駄に月額が数千円上がるとしても、変える面倒さに比べればましにさえ思えてしまします。日々仕事などで忙しいと、携帯の機種などに構っているのは面倒ということになります。いっても月額数千円ですし、もともとタブレットに興味がある人はまだしもそうでない人にとっては余計に面倒でしょう。しかし、キャリア決済でお金が必要という人は、そういった携帯代などで節約できないかを考えてみることをおすすめします。

実際節約できる可能性が高いですし、そういった月額数千円の節約であっても、キャリア決済を考えている人にとっては貴重な節約になるはずです。借金などをする前には、こういった限られたお金を無駄にしないということが重要になります。節約しないで借金などして行った方がお金が回ると考える人もいますが、それは状況にもよるでしょう。お金がないのであれば、節約はした方が良いです。無駄な交際費などもあるはずなので、そういったこともある程度は削った方が良いでしょう。

貯金をしていてもお金は増えないということがよく言われますが、それは投資に回すという意味です。自己投資や、株などの投資のことですが、決して散財を勧めているのではありません。