1. ホーム
  2. キャリア決済現金化基礎知識
  3. ≫キャリア決済にメリットがある人ってどんな人?

キャリア決済にメリットがある人ってどんな人?

キャリア決済は携帯料金に加算される形で引き落とされますが、結局のところ借金であることには変わりません。なので、カードローンなどでも良いでしょう。ではどういう人がキャリア決済に向いているかというと、カードの利用ができない人でしょう。そもそもカードを発行していないという人もそれに当てはまりますし、カードの利用が止められているという人にも当てはまります。

返済に滞るとブラックリストに載るのも案外簡単なので、そうするとカードローンの利用ができなくなります。このリストに載るのは案外簡単で、返済に滞っていると簡単に載ります。そして、債務整理をしたというような過去があれば、完全に金融業界全体の記録に残ります。金融機関は、個人情報信用機関という機関によって、個人情報の管理を行っています。その情報力は公共機関なみで、マイナンバーなどの個人情報も把握しています。これは国の公認なのでもちろん違法ではなく、それだけ金融業界は個人情報を把握する必要があるということです。

なので公式に金融機関として認められている機関であれば、この個人情報信用機関に問い合わせて個人情報を入手することが可能なのです。それも当然と言えば当然で、お金を貸す際にはその消費者が信用できるかを選定する必要があります。個人情報信用機関が無ければ、他の金融機関でお金を借り入れているかどうかもわからないということになるのです。

これは明らかに問題でしょう。借金を他の金融機関からの借金で返すということを延々と繰り返すことが可能になってしまうので、それを抑止するためにも金融機関内で情報は共有する必要があります。現状のように金融機関同士で情報共有していれば、他の金融機関で借金しているということや、他の消費者金融でお金を借りていないということの証明になります。なので審査も早くなり、優良な消費者にとっては個人情報信用機関はむしろメリットになります。

キャリア決済は、カードを持っていない人や、カードを持ってはいても、利用が止まっているという人には特にメリットがあります。消費者金融などよりも審査が甘いですし、過去に債務整理しているような人でも利用が可能になります。そもそもの上限が少ないので、数万円の利用しかできないのですが、生活費に困っている場合などはかなりメリットがあるでしょう。

携帯料金から勝手に引き落とされるので、インターネットから借りればあとは放置で問題ありません。もちろん口座に返済分のお金を入れておく必要はあります。現代は資本主義社会なので、お金というのは非常に重要なものです。お金に関するスキルは必須項目と言っても過言ではないでしょう。借金にしても、お金を稼ぐということにしても、会社での給料ということだけではなく、投資も含めてどうやって資産運用するかということを考える必要があります。また、そもそもお金がない場合は増やした方が良いでしょう。